オーガンジー・コサージュ グランソフィア(手作り)

ハンドクラフト・コサージュ グランソフィアの詳細

シャルロット

淡いグレーと渋いパープルのコンビが美しいふわっとしたエレガンスな印象のコサージュです。房葉飾りが付いている分やや大きめで胸元に飾ると存在感があり、コサージュひとつで装いの印象が変ります。

おもにモノトーンの礼服やセットアップに似合いますが淡色のブラウスやジャケットに添えても色の組み合わせが爽やかになります。また全体的にオーガンジー素材が効いているので女性的で軽やかに見えるのが良いです。素材とデザイン的にはオールシーズン対応。幅が12~13センチあるので「若干大きめ」のイメージでご覧頂くとちょうどです。

普通のコサージュよりやや大きめのドレスコサージュは魅惑の色遣い。

コサージュの仕様
正面

メイン花には蘭を2輪使っていますがそれぞれ素材を替えて異素材感を愉しんでいます。左右にオーガンジーの房葉飾りを付けていますがやや濃いめのグレーに染色し真ん中の花が際だつように強弱を付けています。ポイントで渋めの紫色が入っているのがアクセントになっています。

花部分 拡大 房部分 拡大

右から左から、上から見ても可愛らしいデザイン。小さなパーツにもこだわりを。

コサージュのアングルバリエーション1 アングルバリエーション コサージュのアングルバリエーション2 コサージュのアングルバリエーション3 コサージュのアングルバリエーション4

色別試作を行い最終カラーを見つけました。

使用したユーチャリス

左の下の2つは全体的に色味の薄いもの、全体的に濃いもので試作をした例です。 薄い方はオーガンジーの房葉飾りがライトグレーで蘭のベロも薄紫だと全体的に弱く主張のないものになりました。一方、どちらもを濃く試作したのが右側です。秋仕様と言えば聞こえが良いのですが暗すぎてコサージュとしての意味が無くなってしまいました。

この二つを試作した末、房飾りはある程度重厚感のあるウォームグレーにし、蘭のベロは暗すぎないパープルにするとちょうど良いバランスになるのでは?という方向が定まり最終デザインに至りました。オールシーズンを通じてお使いいただける色味と素材感です。


左右ワイド12cm~13cmのやや大きめなのでドレスコサージュとしてもよく映えます。

ちょっと大きめのコサージュですのでドレスなど大きめに見せたいときに映えます。

ドレスに付けた例

礼服、モノトーンに似合うことが第一条件

礼服。黒いサテンの上着に 礼服。ジャケットの例 モノトーン

明るい色のジャケットにつけるとさらに明るめに。

ブラウスに ブルーのジャケットに

ご購入に際してのご注意

ご購入に際してのご注意

房葉飾りのオーガンジーの糸が欠けている部分があります。

上部につけた房葉飾りのオーガンジー織り糸が抜けている部分があります。コサージュとしての使用にはほとんど見えず支障はありませんが気になる方はご購入をお控えください。

オーガンジーの繊維欠け ご注意
S-classそれは高級コサージュの証しです。
製作者には良品をお届けする義務がある。

販売シーズンのご注意

こちらは生地から裁断、染色した1点1点手作りの製品ですので在庫がなくなると次回入荷まで時間がかかります。毎年入学シーズンの1月から4月は売り切れになることがあるためなるべく早めのご購入をお勧めしています。またその期間は公平を期するためご予約は承っておりません。

コサージュ最新情報
katooでのお買いものについて